正しいシャンプーの仕方

正しいシャンプーの仕方を実践して、ハリ、ツヤ、コシのある髪を楽しみましょう!

正しいシャンプーの仕方!一番大事な5つのポイント

正しいシャンプーの仕方

ヘアケアにおいては、シャンプーやトリートメント選び、ドライヤーなども大切ですが、シャンプーの仕方も大切です。適当にノリで髪を洗ってしまうと、髪の毛はデリケートなので痛んでしまうことも考えられます。

正しいシャンプーの仕方を覚えて、より綺麗で健康的な髪を手に入れましょう!
ここでは、そのために大切なことを5つに分けて整理してみました。


ポイント1:2回に分けて洗おう!

一日、外に出てあなたと一緒に頑張った髪は、ほこりや小さなごみで、想像以上に汚れてしまっています。

また、頭は比較的多い量の油分を分泌するので、毛穴に詰まった皮脂も洗い流したほうがよいのです。

ですから、髪は2回洗いましょう。1回目は髪の表面のよごれ、2回目は頭皮のよごれを洗い流すのです。

1回目は、お湯だけでよく洗い流します。その際には、ほこりやごみだけでなく、整髪料なども落としたいので、2~3分ほどかけてじっくり洗います。

2回目にはシャンプーを2プッシュほど手に出して、頭皮の皮脂やよごれを落としていきます。
シャンプーの洗浄成分は意外と頭皮に残るので、水ですすぐ際はよくよく流しましょう。(こちらも2分くらいを目安に。)

洗い流すときは、シャワーを手にもって使った方が良いです。そちらの方がよごれを落としやすくなります。

ポイント2:お湯は熱くもなく、冷たくもないくらい!

シャワー

シャンプーの際に使うお湯は、熱くもない冷たくもない、ちょうどぬるま湯ぐらいがちょうどよいです。

髪に限ったことではないですが、熱すぎるお湯は身体に負担が大きいです。

髪の毛の場合は、キューティクルが立ち上がったり、剥がれ落ちてしまうことがあります。
だいたい36~38度くらいがちょうどいい温度です。


ポイント3:シャンプーはよく泡立てる!

まさか、やってないとは思いますが、重要なポイントなので紹介しておきます。
シャンプーを手に取って、そのまま頭に付けるのは絶対にダメです。NGです。

なぜかと言うと、まずシャンプーは泡立てることを前提として作られていますから、泡立ててない状態で頭に付けると、頭皮や髪を傷つけてしまうほどの薬剤になるからです。
つよーいお酒を、割らずに飲んでしまうのと同じです。毎日やってたら大変なことになります。

シャンプーを手に取ったらよく泡立てましょう。手に乗っけて、手の力を抜いた状態(ちょっと指が曲がってぐらい)でこすると、空気が入って良く泡立ちます。水も少し足しましょう。手だけで泡立てるのが難しい場合は、洗顔用の泡立てネットを使ってみるとよいと思います。

良く泡立てると、シャンプーのいい匂いが持続しやすくなると聞いたことがあります。
私はいつもよく泡立てているので、変化がわかりませんが、もしかしたらそういう効果もあるかもしれません。

ポイント4:指の腹と指先のあいだで!

これも、当たり前のことなのですが、指先で髪を洗おうとすると、爪が当たって頭皮を傷つけます。

シャンプーも薬剤なので、傷ついた頭皮においうちをかけていきます。

顔の皮膚と、頭皮はつながっていて同じ地肌なので、顔を洗うときのように、頭皮にも優しくしましょう。

シャンプーは指の腹と指先のあいだの柔らかいところで、マッサージをするとよいです。
美容師さんがやってくれるアレを自分でやる感じです。

下から上へ、後ろから前へと頭皮をマッサージしながら洗います。血行が促進されるので、髪の健康にとどまらず、身体そのものが健康になります。

ポイント5:後ろから前へ!

髪を洗うときは、後ろから前へ洗うのが基本です。

後頭部の方からシャンプーをつけて、上の方へマッサージするように、耳の後ろらへん、耳の上らへん、そしてだんだんとトップのほうへいって、最後に前の髪の毛の生え際まで洗ってきます。

細かくし過ぎるとちょっと面倒なので、私は「後ろから前へ!」ということだけ意識してやってます。

まとめ:シャンプー選びも大切に

ダイアン

いかがでしたでしょうか。正しいシャンプーの仕方を5つ簡単にまとめると、こんな感じです。
毎日のシャンプーを、ちょっと意識して変えていくだけで、目に見える変化が髪に起きると思います。

もちろんここに紹介したシャンプーの仕方も大切ですが、はじめに言った通り、シャンプー選びも大切です。

ちなみに私のおすすめはモイストダイアンのノンシリコンシャンプーです。私もつかっているので、あなたもぜひ使ってみてください。


メニュー